2017.11.08 (Wed)
Press

玩具メーカー大手のタカラトミー、 デジタルシフト推進に向け、マーケティングデータ基盤に「b→dash」を採用

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

 株式会社フロムスクラッチ(本社:東京都新宿区/代表取締役:安部 泰洋、以後フロムスクラッチ)が開発・提供する
マーケティングプラットフォーム「b→dash」が、トミカ・プラレール・リカちゃんなどを
製造・販売する玩具メーカー大手の「株式会社タカラトミー」(本社:東京都葛飾区/代表取締役会長:富山 幹太郎、以降タカラトミー)に
導入され、同社のマーケティング基盤構築によるデジタルシフト強化を推進することが決定いたしましたので、お知らせいたします。

 

■「b→dash」導入前の状況

 玩具メーカー大手のタカラトミーは、トミカ・プラレール・リカちゃんなど、幅広い世代に人気ある玩具を多く取り扱っています。
2012年からは店頭販売だけではなく、ECサイトを開設し、デジタルマーケティングへの取組みが本格化しました。
さらに同社は、インターネットやスマートデバイスの普及による、消費者行動の多様化に伴い、
1人1人の属性・行動データに基づいたOne to Oneマーケティングに注力してきました。

 しかし、データ活用によるOne to Oneマーケティングを目的に、
ECサイトへ複数のマーケティング・データツールを導入していったことで、データが各ツールに分散されて管理されていました。
そのため、データの統合・処理を行う際は都度、手動で広告データやアクセスログデータ、商品データ、顧客データを
加工しなければならず、膨大なコストと工数が発生していました
。データの管理・統合作業は属人性が高く、限られた担当者しか扱えないことも課題でした。
さらに、各施策のデータ分析を行う際に必要な、カートシステムや広告・アクセスログからデータの取込み・統合作業も
人力での対応になっており、業務工数の増大、PDCAサイクルの遅延も発生していました。

                                                       

■「b→dash」導入・運用による今後期待される効果

 マーケティングプラットフォーム「b→dash」の導入により、これまで分散していた
広告データやアクセスログデータ、購買データ、顧客データなど、タカラトミーが持つビッグデータが一元的に
取得・統合・活用できるようになります。これまで膨大な時間を費やしていたデータ管理・統合業務が簡易化・最適化されていき、
生産性向上が期待されます。
また、データが統合されたことで多様なデータの掛け合わせが実現し、より詳細なセグメントによる
to Oneマーケティングが可能になります。

 b→dash上で、初回購入トライアル促進、離脱率改善、リピート率向上などの各施策を
ユーザーごとの属性・行動データに基づいて最適化することが可能となります。
将来的には、玩具という商品特性によって得られる、顧客の家族構成や年齢、興味関心を示す行動データなど、
複数のデータを統合していくことで、これまでとらえられなかった顧客インサイトがつかめ、
商品戦略・商品開発へのフィードバックも期待できます。

 

■株式会社タカラトミー 営業統括室 Web部 係長 白熊 健 様 コメント

 「b→dash」を導入することにより、専任のコンサルタントがついてくれるため、
知見がない状態でも運用までサポートしてもらえるとのことで安心です。
また、導入の際は色々なベンダーのツールを検討しましたが、「b→dash」は国産プロダクトのため
外資系のツールよりUI/UXが断然わかりやすかったです。
導入後、誰でも簡単に活用できることにより、これからはお客様の求めている情報を欲しいタイミングに合わせてお届けできるようにし、
顧客満足度を向上させたいと思います。