2018.04.13 (Fri)
Press

「b→dash」と伊藤忠テクノソリューションズ、 デジタル・データマーケティング領域における協業を開始

株式会社フロムスクラッチ(本社:東京都新宿区/代表取締役:安部 泰洋、以後フロムスクラッチ)が開発するマーケティングプラットフォーム「b→dash」と、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役:菊地哲、以後CTC)は、データ活用を促進し、企業の経営改革を支援するために、デジタル・データマーケティング領域における技術・営業協業を進めていくことが決定いたしましたので、お知らせいたします。

また、本協業は、マーケティングプラットフォーム「b→dash」を活用した企業のマーケティング支援プログラムである「SmartData Partnership program」の取り組みの一環であり、今後も本プログラムによる支援を加速させて参ります。

<協業の背景>

消費者行動はここ数年で大きく変化しており、企業は大量のデータを取得・活用できる時代になりました。そして世間では働き方改革が叫ばれる一方で労働人口が減少しており、企業の労働生産性を向上させるためにはビッグデータの活用が必要不可欠です。その流れを受けて、ビッグデータというワードが各所で叫ばれ始め、多くの企業はこぞってビッグデータを取得しはじめました。しかし、そのデータをマーケティングに活用できている会社は多くありません。使えないビッグデータを、使えるデータ=スマートデータに変えていくことで、経営やマーケティングを変革させることができます。これからの時代、スマートデータの扱い方が企業の明暗を左右するといっても過言ではありません。スマートデータを活用すれば、データに価値を見出すことが可能になり、顧客の理解やビジネスにおける意思決定をデータドリブンに行い、企業の収益を拡大できるようになります。

スマートデータを活用したデジタル/データマーケティング支援によって、1社でも多くの企業をサポートするため、「b→dash」は「SmartData Partnership program」を開始させました。この取り組みに賛同頂き、この度、パートナー企業としてCTCをお迎えし、本協業を開始いたしました。

<CTCとb→dashの今後の取り組み>

本取組みにより、フロムスクラッチが開発するマーケティングプラットフォーム「b→dash」と、CTCとのデジタル・データマーケティング領域での技術協業に加え、よりスピーディーに企業のマーケティングを変革させる顧客価値の提供が可能になります。具体的には、「b→dash」を活用したデジタル・データマーケティング支援、新規機能の共同開発などを行って参ります。

加えて、CTCが所有するイノベーションスペース「DEJIMA」にて、「b→dash」が主催するマーケティングスクール「b→academy」を開催するなど、デジタル・データマーケティング領域における啓蒙活動なども共に推進してまいります。

今後もスマートデータ社会実現のため、賛同頂ける企業とのパートナーシップ強化に取り組んでまいります。